ジル・ニーマルク

1962年、物理学者で歴史家のトーマス・クーンは、科学が知識の漸進的な蓄積と分析だけでなく、視点の周期的な革命によっても進歩することを提案しました。最初は無視されていたかもしれない異常や不一致は、フィールドを危機に追い込み、最終的には新しい科学的枠組みを強制します。コペルニクス、ダーウィン、ニュートン、ガリレオ、パスツール—すべてが、クーンが「パラダイムシフト」と呼ぶものの先頭に立っています。

トーマス・クーンはクローディア・ミラーのヒーローです。サンアントニオのテキサス大学医学部の免疫学者および環境衛生の専門家、そして…